1. トップ
  2. 入園について
入園についてのご案内

入園についてのご案内

あらかじめ電話連絡の上、一度、本園を見学して頂ければ幸いです。0歳から小学校就学前までの期間は、お子様の成長に深くかかわる時期です。取石南こども園では、どのような環境で・どういった保育・教育等をしているのか、ご両親の目でお確かめ下さい。

TEL:072-275-0888
取石南こども園(入園見学希望とお伝えください)

1号認定(幼稚園部)

平成29年度高石市利用者負担額(保育料)徴収金額表(1号認定・参考)

募集要項

願書配布・受付

願書配布・・・H28年9月1日(木)午前9時より
願書受付・・・H28年10月4日(火)午前10時より ※定員になり次第締切ります。
場所・・・取石南こども園 ※来園されましたら、事務所窓口にお声掛け下さい。

手続きについて

  • 願書の用意
    入園願書に必要事項を記入・捺印し、ご用意下さい。
  • 面接の予約
    お電話でご予約頂きます。
  • 願書提出と親子面接
    予約された日時にご来園下さい。提出書類の確認後、先生と子どもの遊びの中で、簡単な面接を行います。
  • 入園の許可と入園金納付
    面接の結果、入園可能と認められた方は、即日、入園金として50,000円を納付して下さい。
    納付後、「入園許可証」をお渡しします。
    尚、入園金納付後に、入園を辞退された場合、原則として返金は致しませんのでご了承下さい。
  • 制服等の申込み
    2月中旬に、改めてご案内します

諸経費について

入園金 50,000円(在園中の2号3号認定児は、30,000円)
保育料 上記高石市利用者負担額(保育料)徴収金額表(1号認定)を御参照下さい。
出欠に関係なく年12回(毎月1回)納めて頂きます。
[保育料に含まれるもの]
給食費・絵本代
特育費
(4.5歳児… 英語指導・体育指導・器楽指導・温水プール指導)
(3.4.5歳児…体育指導・器楽指導・温水プール指導)
諸費 個人に帰する費用…遠足代・芋掘り代・プラネタリウム鑑賞代・製作展紙粘土代
保護者会費(月100円)・卒園記念積立金(5歳児のみ)
用品代 園指定制服類
《冬制服類・冬体操服類、長袖スモック・通園カバンなど》…16,000円程度
《夏制服・夏体操服・夏スモックなど》…9,000円程度

園指定用品類
《お道具類一式》…15,000円程度

教育標準時間について

午前8時30分~午後2時30分(月~金まで 土・日・祝日は休み)

特別教育について

体育指導・器楽指導・温水プール指導(専門講師による)《3.4.5歳児》
英語指導(外国人講師による)《4.5歳児》

給食について

安全な食材を用いて、当園で調理したおいしい給食を頂きます。(完全自園給食)
月1回お弁当日があります(春・秋の遠足日を含む)
アレルギー対応食もあります(ご相談下さい)

預り保育について

時間 費用
早朝預り保育 7時00分~8時30分 30分100円
なかよし教室 保育終了後~17時まで 500円
(10回以上ご利用の場合、月極め5,000円)
夕方預かり保育 17時00分~19時00分 30分100円

※最大利用時間…午前7時00~午後7時00分まで(月~土)
※但し、土曜日・長期休業日(夏休み・冬休み・春休み)は、別料金となります。
※尚、年末年始・お盆期間・園の特別行事日はご利用頂けません。(詳細はお問い合わせ下さい)


2号・3号認定(保育園部)

入園申請 高石市市役所『子育て支援課』にてお申し込みください。申込用紙に希望保育所欄がありますので、第1希望欄に、『取石南こども園』とご記入ください。
選考基準 高石市の入所選考の基準に準じ、入園希望者の公正な選考を行います。
保育料 当園の保育料は、高石市の定める保育料徴収金額表により算定しています。
(公立保育所と同じ:下表参照。詳しくは高石市子育て支援課まで)
利用者との契約項目 保育料やその他費用について、納期後1ヵ月以上の滞納があった場合、休園措置とし、その後においても支払がなかった場合、退園措置となります。
教育・保育時間 月曜日~土曜日:7:00~19:00
お問合せ先 TEL:072-265-1001(高石市役所 子育て支援課まで)

平成29年度高石市利用者負担額(保育料)徴収金額表<3号認定>

※特定世帯とは、ひとり親世帯及び在宅障がい者がいる世帯等のことをいいます。
〈2号認定・3号認定共通注意事項〉
(注意1)
第1階層を除き、平成29年度4月分から8月分までの利用者負担額(保育料)は、平成28年度の市町村民税で算定し、平成29年度9月分から3月分までに利用者負担額(保育料)は、平成29年度の市町村民税で算定します。
(注意2)
上表の「市町村民税」の額を計算する場合、税額控除(市町村等に対する寄付金控除、外国税額控除、在宅借入金等特別控除、配当控除等)は、適用しません。
(注意3)
同一世帯内で小学校就学前までの子どもが複数人同時に保育所、認定こども園、幼稚園等を利用している場合は、最年長の子どもから順に2人目は「第2子」の金額、3人目以降は、無料となります。

平成29年度高石市利用者負担額(保育料)徴収金額表<2号認定>

※特定世帯とは、ひとり親世帯及び在宅障がい者がいる世帯等のことをいいます。
(注意4)
市町村民税所得割課税額が57,700円未満の一般世帯および市町村民税所得割課税額77,101円未満の特定世帯(ひとり親世帯および在宅障がい者がいる世帯等)については、(注意3)の規定にかかわらず、最年長の子どもから順に2人目は金額表の半額、3人目以降は、無料となります。また、勤務、修学などの都合で別居している場合であっても、子どもだと認められる場合もございますので、高石市子育て支援課までご相談ください。
(注意5)
平成29年度の途中で誕生日を迎えて3号認定から2号認定に切り替わる場合(平成29年度途中で3歳児に達した場合)でも、平成29年度中は3号認定の利用者負担額(保育料)となります。
(注意6)
子どもと同居する祖父母がいる場合、父母の収入によっては、祖父母の市町村民税額で利用者負担額(保育料)を決定する場合があります。
(注意7)
利用者負担額(保育料)には、主食費、諸費用等は含まれませんので、通われる施設にお問合わせください。